コンテンツへスキップ

人材採用に役立つオススメ情報を特集

「人材採用」は、企業にとって非常に重要なものであり、そこでの成果次第では業績が変わってしまうほどの意味を持っています。大企業であればその重要さをしっかりと理解していて適切な対策・対応をするべく努めていることが少なくありませんが、中小以下の企業では比較的ないがしろにされてしまっていることが珍しくありません。
「今後、安定した成長をしていきたい」、「日々の利益を増やしたい」と言う希望は人材採用である程度解決できる可能性があると言うことをしっかりと認識し、適切な対策・対応が出来る様に準備していきましょう。そこで、「人材採用がどのような意味を持つのか」と「どのような対策をすれば良いのか」という2点に関して簡単な紹介していくと共に、アドバイスを書いていきます。

「使い捨てのコマ」では無く「財産」を探すつもりで

人材を採用すると言うことは、単に使い捨て出来る駒を獲得すると言う意味ではありません。「アルバイトだからすぐに辞めてしまうだろう」とか、「どうせ教えても使い物にならないだろう」といった期待感の無い状態ではいけません。確かにそういった結果になる可能性は少なくないかも知れませんが、そうだとしても「貴重な戦力を獲得する」という意気込みで臨むことが大切です。
そもそも、企業が業績を上げて成長していくために必要なものは「人材」です。どれ程ダメな社員であったとしても、仮にいなくなってしまえば何かしらの業務に支障が出ます。特に社員数の少ない会社ならば尚更で、一人一人が持っている比重が非常に大きくなってきます。その為、前のめりになりながら相手のことを評価する必要があります。

「優れた人材」を見つけるためのポイント

仮にアルバイトの採用面接だったとしても、質問内容・相手を観察することを疎かにしてはいけません。アルバイト希望の人材に対してあまりに重い質問をするのは憚れますが、最低でも「どうして当社で働きたいのか」という質問くらいはしっかりとしておくようにしましょう。
と言っても、「なぜ当社でアルバイトをしたいのか」という意味合いの質問では無く、「当社でどのようなことをしたいのか」という趣旨の質問をするようにしましょう。正社員試験であればしっかりと回答を準備してくるかも知れませんが、アルバイトならば家から近いから、時給が良いからと言った回答が返ってくる可能性が高まります。
確かにそれは本心かも知れませんが、それを聞いたところで何の意味も生まれないので、より生産的な回答が返ってくるような質問をするようにしましょう。