コンテンツへスキップ

採用される側から見た人材採用のあれこれ

採用される側にとって、人材採用がどのように行われているかを知ることは大切です。
企業によって採用基準は異なり、選ぶ方法も異なるので一概には言えませんが、大体の場合は企業は面接に値する人を選ぶまでにかなりの面倒な手順を行っています。
履歴書を読み、面接に値する人物かどうか判断してというのが一般的ですが、採用を待っている側としてはその間はドキドキするものです。
あのときの発言がマイナスに働くのではないか、転職回数が採用に響くのではないか、など様々な不安が頭をもたげてきます。
ここでは、採用される側から見た人材採用のあれこれについて、どのような心がけで採用面接に臨めばいいのか、職場にとって人材採用の目的とは何なのか、に焦点を当てながら考えていきます。

面接に呼ばれるまでが大変ということ

企業は、まず最初に履歴書などを確認してその人が面接するのにふさわしい人物かを判断します。待っている側としては、非常に辛い時期です。
今までの履歴を今更取り消すことはできませんし、嘘を書いてしまってはさらに追い討ちをかけることになるので、不利なことでも正確に書く必要があります。
転職回数が多い、入職後数カ月でやめてしまった、などという経歴は、マイナス評価につながることが多いと言われています。
確かにそういう傾向はありますが、採用担当者もそういう当たり前の事情はわかっていることです。それでもその人が欲しい人材に値するかどうかは企業の今の状況から決めることなので「絶対にダメだ」などと考えすぎないようにしましょう。
とりあえずは面接に呼ばれるかどうかを待つ、ということが大切です。

何をするかが人材採用のポイント

今まで何をしてきたのかも大切ですが、採用される側が何をしてくれて、自社に利益をあたえてくれるのかということを考えています。
つまり、これから何ができるのかが重要だということです。
面接で今までの自慢話をするのではなく、こういうスキルを持っているから貴社の役に立てる、という方向で話をしたほうがいいということになります。
また、たとえ採用に不利な事情を抱えていても、それをいかに自分で解決して役に立てるように努力しているかということも、逆にプラスポイントになる可能性があります。
例えば、出産のためにブランクがあるけれども、ブランクを埋めるための研修に参加したり、講習会に参加したなどという具体的な努力をアピールすることができれば、採用確率がアップするかもしれないということです。