コンテンツへスキップ

採用する側から見た人材採用のあれこれ

どうしても採用される側から人材採用に関して色々と考えがちですが、大事なことは採用する側がどのような人材を欲しがるのかという点です。これを知っておくことで、採用する側に対する印象を良くすることができるだけでなく、創意工夫ができるようになります。
なぜ自分は採用されないのかと考える際、たいていの場合は人のせいにしたり、間違った努力をしたりしてしまいますが、そこのポイントさえつかめば少ない労力で効率的に採用に向けた努力ができ、採用をしてもらえます。人材採用を巡ってどのあたりが重視されるのか、そして、どの部分を見ているのか、そもそも面接とは何か、履歴書の内容はどこまで影響するのかなど、こうしたことを知っていくことで、採用する側、される側の対処がわかるようになります。

面接は自分自身を売り込む営業の場

人材採用ではもちろん、優秀な人を会社には欲しいですし、即戦力をなるべくは採用しようとします。ただ、履歴書だけでは優秀かどうか、会社の戦力になるかは分かりません。書かれてあることが立派であっても、実際はそこまでではないということが多々あるためです。また、プラスなことしか書いておらず、ここには書かれていないネガティブなことは数多くある場合もあります。
面接ではそのあたりを洗いざらいチェックされます。いわば自分という商品を売り込む営業マンであり、プレゼンでもあります。逆の立場からいえば、自信なさげに商品を売り込む営業マンから商品を買いたいかどうかを考えると簡単です。そして、面接では受け答えがしっかりと、そして自分の言葉でできているかが重要視されます。

一緒に働くイメージを持てるかどうか

面接でここまで会話のキャッチボールが重視される理由は、一緒に働くイメージを持てるかどうかという点です。会社では報告連絡相談などが当たり前のように行われます。質問をしたら正確に返ってくる人かどうか、疑問点をどのように処理するのかといったところを会社の人間として求めます。最初からこうしたことができる人は、仮にその時点で仕事のことを知らなくても、指導していけば確実に成長できるという自信を与えさせてくれます。そのため、そうした人を採用したくなるのです。
会社としては、現時点でのスキルではなく、その人が持つ性格、社風に合った気質のある人を求めます。採用されなかったとしても、単にその社風に合わなかっただけです。受け答えの部分を重点的にチェックし、気をつけることで採用される可能性はグッと上がります。